ゴミ箱の臭いの原因はこれ!予防と対策の完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ゴミ箱から出る臭いをなんとかしたい」と悩んでいませんか?

最近は様々な防臭・消臭グッズが開発されているので、上手に活用することで、楽してゴミ箱のニオイ対策ができます。

そこでこのページではゴミ箱の臭いが気になる人に向けて、下記の流れで紹介していきます。

  1. ゴミ箱の臭いを一気に解決できる方法!
  2. 今すぐできるゴミ箱の臭い予防と対策4選!
  3. ゴミ箱用のオススメ消臭剤10選
  4. 臭い対策ができるオススメのゴミ箱7選

このページを読んで頂くことで、ゴミ箱のイヤな臭いから解放され快適な暮らしを手に入れることができるでしょう。

1. ゴミ箱の臭いを一気に解決できる方法!

ゴミ箱の臭いの発生源は、生ゴミです。そのため、もし生ゴミを全て処理できれば、ニオイに悩まされることもなくなります。

生ごみ処理機やディスポーザーがあれば、生ゴミをすぐに処理できるので、ニオイの問題を一気に解決できるでしょう。

お金は必要になりますが、生ごみ処理機であれば、数万円から購入することができるので、検討してみてはいかがでしょうか?

生ごみ処理機についてはこちら「比較でわかる!キッチンで使う便利な生ゴミ処理機の選び方」の記事を参考にしてみてください。

ディスポーザーについてはこちら「ディスポーザーとは?仕組みからおすすめまで完全ガイド」の記事を参考にしてみてください。

あなたにピッタリ!ゴミ箱の臭い対策

ゴミ箱のニオイ対策はいくつかありますが、あなたの状況や要望によって、とるべき対策は異なります。

この章ではあなたにあった最適なニオイ対策がわかるように、下記の表を作成しました。

あなたの状況や要望 最適なニオイ対策
ゴミ箱の臭いを原因から予防・対策したい 第3章
コストはかけたくない
すでに発生している臭いを手っ取り早く対処したい 第4章
手間をかけたくない
ゴミ箱からニオイが漏れている 第5章

ぜひ上記の表を参考に、あなたの状況にピッタリの臭い対策を見つけてくださいね。

2. 今すぐできるゴミ箱の臭い予防と対策4選!

普段のちょっとした一手間でも、ゴミ箱のニオイの対策になります。

その方法をご紹介します。

  1. ゴミ箱のニオイの原因
  2. 臭いを発生させないための事前対策
  3. ゴミを捨てる際の臭い対策
  4. ゴミ箱に染みついた生ゴミ臭を落とす方法

2-1. ゴミ箱のニオイの原因

ゴミ箱の臭いの原因は、おもに雑菌「嫌気性微生物(けんきせいびせいぶつ)」の増加による腐敗臭です。

雑菌は高温・多湿の環境で繁殖が活発になり、ゴミ箱の中にはエサとなる生ゴミもあるため、雑菌が繁殖するには最適な場所といえます。

そのため、気温が低く乾燥している冬場よりも、気温と湿度が高い夏場のほうがニオイが発生しやすいということです。

2-2. 臭いを発生させないための事前対策

ゴミ箱にゴミを捨てる前に実施しておく2つのニオイ対策です。

  • 小さなゴミ袋を使用する
  • ゴミ袋の底に新聞紙を敷く

小さなゴミ袋を使用する

大きなゴミ袋を使用すると、どうしてもゴミ袋がパンパンになるまで溜めてから捨てようとしてしまいます。

生ゴミは臭いが発生する前にこまめに捨てることが大切ですので、小さいサイズのゴミ袋を使用しましょう。

ゴミ袋の底に新聞紙を敷く

新聞紙は水気を吸収してくれるため、雑菌が好む湿気を減らすことで、雑菌の繁殖・腐敗の進行を抑えてくれます。

ゴミ袋の底に水が溜まることがあると思いますが、新聞紙に水分を吸わせることで、ニオイの予防に繋がります。

2-3. ゴミを捨てる際の臭い対策

ゴミを捨てる際にもニオイの対策になる方法があります。それは下記の3つです。

  • 水気を切る
  • 重曹を振りかける
  • ビニール袋で密閉して捨てる

水気を切る

ゴミに水気があると雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

そのため、できるだけ水気を切ってから捨てるようにしましょう。

また、新聞紙などで包んで捨てると水分を吸収してくれるので、より効果的です。

重曹を振りかける

生ゴミに少量の重曹を振りかけるだけでニオイの対策になります。

重曹はアルカリ性なので、生ゴミのニオイ(酸性)を中和して消臭する効果と、雑菌が好む湿気を吸収してくれる効果があるので、一石二鳥です。

ビニール袋で密閉して捨てる

よくお料理を作るご家庭では、生ゴミがたくさん出ます。三角コーナーに生ゴミがたまることでニオイの発生になります。

生ゴミからニオイが発生しても漏れることがないように、その都度、ビニール袋でしっかり密閉してから捨てるようにすると、ニオイ対策になります。

2-4. ゴミ箱に染みついた生ゴミ臭を落とす方法

ゴミを捨ててもゴミ箱にニオイが染みついてニオイがすることがあります。

これは、ゴミ箱のフタや底に臭いの原因である雑菌がついているからです。

ニオイ移りを防ぐためには、ゴミ箱を定期的に掃除することが大切です。

  1. キッチン用の漂白剤でつけ置きする
  2. アルコール消毒する
  3. 丸洗いして天日干し

掃除の手間を減らしたいのであれば、第5章を参考にお手入れが楽でニオイを防ぐ効果のあるゴミ箱に交換しましょう。

キッチン用の漂白剤でつけ置きする

ゴミ箱を漂白することで、ニオイも汚れも落とすことができます。

つけ置きができない場合は、漂白剤を染み込ませたキッチペーパーを貼り付ける方法で代用できます。

漂白剤で傷む素材のゴミ箱もあるので注意しましょう。

アルコール消毒する

アルコールをゴミ箱にスプレーします。アルコールは揮発する際に除菌効果があるので、フタを開けて乾かします。

スプレー後にキッチンペーパーで軽く拭き取ると、さらに効果的です。

丸洗いして天日干し

手間はかかりますが、ゴミ箱を丸洗いしてしまうのが一番効果的です。

乾かす際は、太陽光に当てて天日干しすると殺菌効果も期待でき、より効果的です。ただし、直射日光を避けたほうが良いゴミ箱もあるので注意しましょう。

3. ゴミ箱用のオススメ消臭剤10選

ゴミ箱用の消臭剤にはいくつかタイプがあります。

それぞれの種類の中で、オススメをご紹介します。

タイプが異なる消臭剤を組み合わせて使うことで、効率的にニオイをなくすことができます。

  1. 置型タイプ
  2. フタに貼るタイプ
  3. 底に敷くシートタイプ
  4. スプレータイプ
  5. 【補足】防臭袋

3-1. 置型タイプ

置型タイプの消臭剤は、ゴミ箱のフタを閉めていても臭う場合やフタの開閉後の部屋のニオイが気になる場合に適しています。

そんな置型タイプの消臭剤の中でも、香りでごまかさずに臭いを消してくれるオススメの消臭剤3つをご紹介します。

商品名 無香空間 特大 消臭剤
ファブリーズ 消臭剤 置き型 キッチン専用

COFIT消臭バッグ 天然竹炭消臭剤
価格 553円 329円 799円
容量 630g 130g 500g
持続期間 約4~6ヶ月 約1.5~2ヶ月 最長2年
月1回の天日干し必要
1日あたりのコスト 約4円 約4円 約1円

この3つの中では、手間がかからず持続期間が長い「無香空間 特大 消臭剤」がオススメです。

無香空間 特大 消臭剤

引用:Amazon

透明の消臭ビーズが臭いを吸収・吸着してニオイを効果的に除去します。生活空間の様々なニオイに対応しています。

消臭効果が切れたことがひと目でわかりやすく、持続期間が長いので手間をかけたくない方にオススメです。

  • 価格:553円
  • 持続期間:約4~6ヶ月
  • 1日あたりのコスト:約4円
  • 成分:両性界面活性剤系消臭剤、植物抽出物、吸水性樹脂、非イオン界面活性剤
  • 香り:無香
  • 内容量:630g

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B000FQTWP8/

ファブリーズ 消臭剤 置き型 キッチン専用

引用:Amazon

ニオイ吸引ゼリーがキッチンの生ゴミ臭をしっかり分解消臭します。設置場所に合わせて、置き方を選べます。

コンパクトサイズで消臭剤に見えないオシャレなデザインなので、見た目が気になる人にオススメです。

  • 価格:329円
  • 持続期間:約1.5~2ヶ月
  • 1日あたりのコスト:約4円
  • 成分:イオン交換体、ジェル化剤
  • 香り:無香
  • 内容量:130g
  • 商品サイズ:約幅8.1×奥行4.7×高さ15.1cm

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B079PK6DYD/

COFIT消臭バッグ 天然竹炭消臭剤

引用:Amazon

COFIT脱臭バッグは活性炭を使用しており、活性炭は木炭よりも多孔質で、吸着力が高く、ニオイをより効果的に吸収します。

月1回の天日干しが必要ですが、コストパフォーマンスが抜群なので、コストを抑えたい人にオススメです。

  • 価格:799円
  • 持続期間:最長2年(月1回1時間、天日干しが必要)
  • 1日あたりのコスト:約1円
  • 成分:竹炭(活性炭)
  • 香り:無香
  • 内容量:500g
  • 商品サイズ:約縦21.6 x 横20.3 x 厚さ2.5cm

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B07SKTYSTY/

3-2. フタに貼るタイプ

フタに貼るタイプは、ゴミ箱用消臭剤の中で最も種類が多いです。上から下に向かって消臭できるため、ゴミ箱を開けたときの不快な臭いをなくしてくれます。

そんなフタに貼るタイプで、コストパフォーマンスが良く消臭効果が高いと評判の3つをご紹介します。

商品名 怪力くん 香りでごまかさない本当の消臭 ゴミ箱用
ダストマン 生ゴミ用消臭シート
価格 314円 538円 97円
容量 1個 2個 1個
持続期間 約1年 約1年
(約6ヶ月×2個)
約2ヶ月
1日あたりのコスト 約1円 約1.5円 約1円

怪力くんは1日あたりのコストが安く、持続期間が長いため取り換えの手間が少ないのでオススメです。

怪力くん

引用:楽天市場

バイオの抗菌&消臭のダブルパワーで嫌なニオイを根こそぎ分解します。濡れても効果は落ちません。

持続期間が1年と長いため、手間をかけたくない人にオススメです。

  • 価格:314円
  • 持続期間:約1年
  • 1日あたりのコスト:約1円
  • 成分:人口酵素(金属フタシアニン誘導体)
  • 香り:無香
  • 内容量:1個
  • 商品サイズ:直径7×厚0.6cm

商品購入はこちら → https://item.rakuten.co.jp/tokyu-hands/4571184310040/

香りでごまかさない本当の消臭 ゴミ箱用

引用:楽天市場

活性炭を付着させた特殊フィルターに特殊人工酸素を加えたことにより、臭いをすばやく吸着し消臭してくれます。

ゴミ箱のニオイが気になる梅雨時期から夏場だけ使用すれば、2年使えます。そうすると、コストパフォーマンスが一番良いため、コストを抑えたい方にオススメです。

  • 価格:538円
  • 持続期間:約1年(約6ヶ月×2個)
  • 1日あたりのコスト:約1.5円
  • 成分:活性炭、セルロース、人工酵素
  • 香り:無香
  • 内容量:2個

商品購入はこちら → https://item.rakuten.co.jp/jism/4549781183077-73-30001414-n/

ダストマン 生ゴミ用消臭シート

引用:Yahoo!ショッピング

嫌なニオイを活性炭と活性炭素繊維がすばやく吸着し、人工酵素が化学分解して消臭します。

持続期間は短めですが、価格が安いため、ゴミ箱のニオイが特に気になる夏場だけ効果があれば良いという方にオススメです。

  • 価格:97円
  • 持続期間:約2ヶ月
  • 1日あたりのコスト:約1円
  • 成分:活性炭、活性炭素繊維、人工酵素
  • 香り:無香
  • 内容量:1枚

商品購入はこちら → https://store.shopping.yahoo.co.jp/lead/4901422496128.html

3-3. 底に敷くシートタイプ

底に敷くタイプの消臭剤は、消臭効果だけでなく、ニオイの原因となる液垂れを吸収してくれるため、お掃除の手間を省きたい人にオススメです。

コストを抑えたい場合は、ゴミ箱の底に新聞紙を敷くことでも代用ができます。

底に敷くタイプの消臭剤は、種類があまりありませんので、一番メジャーな商品をご紹介します。

ゴミ箱底脱臭シート

https://store.shopping.yahoo.co.jp/himejiryutsuu/101-w001-50927.html

引用:Yahoo!ショッピング

生ゴミの液だれをシリカゲルで吸収して、活性炭+植物性消臭剤で乾燥・消臭するシートです。ゴミ箱の底の大きさに合わせてカットして使用できます。

ニオイ対策と併せて、ごみ箱の掃除の手間も省きたい人にオススメです。

  • 価格:330円
  • 持続期間:約1年(約6ヶ月×2個)
  • 1日あたりのコスト:約1円
  • 成分:シリカゲル消臭剤、活性炭、活性炭不織布
  • 香り:無香
  • 内容量:2枚
  • 商品サイズ:33.5×25cm

商品購入はこちら → https://store.shopping.yahoo.co.jp/himejiryutsuu/101-w001-50927.html

3-4. スプレータイプ

スプレータイプは、ニオイが気になった時に吹きかけて使えるため、手軽に使用でき即効性があります。

そのため来客時など、急いでニオイを消臭したい場合に向いています。ただし、持続性はあまり期待できません。

そんなスプレータイプでの中でもタイプが異なるもの3つをピックアップしてご紹介します。

商品名 ゴミサワデー 消臭スプレー ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー 消臭力 生ゴミ用スプレー シトラスミントの香り
価格 280円 1,175円 328円
容量 230ml 500ml 200ml
使用回数 約250回 約470回 約300回
1回あたりのコスト 約1円 約2.5円 約1円

香りでごまかさない無香タイプでコストパフォーマンスが良い「ゴミサワデー 消臭スプレー」がオススメです。

ゴミサワデー 消臭スプレー

引用:Yahoo!ショッピング

天然果実アセロラから抽出した消臭成分を配合。生ゴミ臭や腐敗臭を瞬間消臭するスプレーです。

無香でコストパフォーマンスが良いため、芳香剤の香りが苦手で、コストを抑えたい人にオススメです。

  • 価格:280円
  • 使用回数:約250回
  • 1回あたりのコスト:約1円
  • 成分:果物抽出物、有機酸
  • 香り:無香
  • 内容量:230ml
  • 商品サイズ:約幅9.6×奥行5.1×高さ19.3cm

商品購入はこちら → https://store.shopping.yahoo.co.jp/phshop/slc1105-4987072016077.html

ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー

引用:Yahoo!ショッピング

おしゃれなボトルの消臭スプレーです。アルコールがPH調整により殺菌・消臭。アルコールとリンゴ酸で作られているので、口に入っても安全です。

消臭剤にみえないオシャレなボトルで生活感がでないので、デザインを重視したい人にオススメです。

  • 価格:1,175円
  • 1回あたりのコスト:約2.5円
  • 成分:エタノール、DL-リンゴ酸、グリセリン脂肪酸エステル、DL-リンゴ酸ナトリウム、水
  • 香り:無香
  • 内容量:500ml
  • 商品サイズ:約幅7.7×奥行7.7×高さ16.5cm

商品購入はこちら → https://store.shopping.yahoo.co.jp/shimiz/743502.html

消臭力 生ゴミ用スプレー シトラスミントの香り

引用:Amazon

抗菌剤配合でキッチンの気になるニオイを消臭。ニオイ菌の増殖も防ぐので、次のゴミ回収日までの約3~4日間効果が続きます。

コストパフォーマンスが良く爽やかなシトラスミントの香りなので、コストを抑えつつ消臭&芳香したい人にオススメです。

  • 価格:328円
  • 使用回数:約300回
  • 1回あたりのコスト:約1円
  • 成分: エタノール、香料、抗菌剤、非イオン界面活性剤
  • 香り:シトラスミント
  • 内容量:200ml
  • 商品サイズ:約幅8.5×奥行5.4×高さ16.2cm

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B00BG3CYXQ/

3-5. 【補足】防臭袋

生ゴミを捨てるビニール袋を防臭袋に変更するだけで、手間がかからずニオイが防げます。

ただ防臭袋は、普通のビニール袋よりも高いので、コストが気にならない人にはおすすめです。

生ゴミが臭わない袋

引用:Amazon

結んで捨てるだけでニオイが漏れないビニール袋。取り出しやすいコンパクトな箱型です。

多少のコストがかかっても、生ゴミを捨てる際の手間を省きたい人にオススメです。

  • 価格:972円
  • 内容量:100枚
  • 1枚あたりのコスト:約9.7円
  • サイズ:横20×縦30cm

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B01CDYPUBE/

4. 臭い対策ができるオススメのゴミ箱7選

臭い対策ができるゴミ箱は、フタ付きで密閉性が高いものである必要があります。また、ニオイがつきにくく、お手入れもしやすいものが良いです。

そこで、ニオイ対策ができるオススメのゴミ箱7選をご紹介します。

商品名 容量 価格 特徴
ステンレス ダストボックス 50L 11,800円 ・大容量
臭いがつきにくいステンレス製
ペダルペール R防臭エバン 45L 2,756円 大容量で低コスト
・本体に消臭剤を配合
ペダルビン ステンレス ゴミ箱 45L 16,800円 臭いがつきにくいステンレス製
・消臭剤ポケット付き
コンテナスタイル防臭ペール 33L 2,312円 ・臭いもれ防止パッキン付き
簡易ロックでしっかり密閉
トンボ 防臭ペール 20L 959円 ・臭いもれ防止パッキン付き
・スリムでコンパクト&低コスト
密閉プッシュペール 20L 1,258円 密閉性が高いダブルパッキン
・ポリ袋止め付き
防臭ペダルペール 15L 2,020円 抗菌仕様のゴミ箱
・臭い漏れを防ぐパッキン付き

現在使用しているゴミ箱がニオイが染み込んでいて、お手入れがしづらいようなら、思い切って防臭ゴミ箱に交換しましょう。

4-1. ステンレス ダストボックス

引用:Amazon

  • 価格:11,800円
  • 容量:50L
  • サイズ:約 42.5×37.5×65.7cm
  • 素材:ステンレス

大容量で臭いがつきにくいステンレス製ゴミ箱。足元ペダルでフタの開閉ができるので、手がふさがっていても便利。

大容量なのにスタイリッシュなデザインなので、可燃ごみの量が多いご家庭でデザインにもこだわりたい人にオススメです。

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B07BCYSL28/

4-2. ペダルペール R防臭エバン

引用:Amazon

  • 価格:2,756円
  • 容量:45L
  • サイズ:約幅28.3×奥行42.8×高さ58cm
  • 素材:ポリプロピレン
  • 簡単開閉のペダル式/キャスター付きで移動もラクラク/フタの取り外しが簡単

本体に消臭剤を配合している大容量の防臭ゴミ箱。ペダル開閉式なので手がふさがっていても使えて便利。

大容量なのに低価格なので、ごみの量が多く、ゴミ箱にあまり費用をかけたくない方にオススメです。

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B00TRS8VG6/

4-3. ペダルビン ステンレス ゴミ箱

引用:Amazon

  • 価格:16,800円
  • 容量:45L
  • サイズ:約幅39.5×奥行き32×高さ69cm
  • 素材:ステンレススチール、ポリプロピレン
  • 消臭剤を入れるポケット付き/足元ペダルで開閉ラクラク

臭いがつきにくいステンレススチール素材の大容量ゴミ箱です。インナーボックスを取り出して丸洗いできます。

他のゴミ箱と比べると価格が高いですが、デザイン性・機能性が高いため、多少のコストがかかっても、しっかりニオイ対策したい人にオススメです。

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B07JK4D4SX/

4-4. コンテナスタイル防臭ペール

引用:Amazon

  • 価格:2,312円
  • 容量:33L
  • サイズ:約幅31.9×奥行き44.4×高さ52.2cm
  • 素材:ポリプロピレン
  • 臭いもれ防止パッキン付き/片手で開け閉め可能/簡易ロック機能付き/連結が可能

臭い漏れを防止するパッキン付きゴミ箱。簡易ロック機能があるからフタがしっかり密閉できる。

容量や価格、デザインのバランスが良いゴミ箱です。こだわりがなく適度なゴミ箱が欲しい人にオススメです。

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B078JV1MSY/

4-5. トンボ 防臭ペール

引用:Amazon

  • 価格:959円
  • 容量:20L
  • サイズ:約幅18.5×奥行き35.5×高さ44cm
  • 素材:ポリプロピレン
  • 臭いもれ防止パッキン付き/ワンタッチオープン式/便利な袋止め付き

フタ裏にパッキンがついているのでニオイが漏れにくいゴミ箱。スリムでコンパクトなサイズだから省スペース。

コンパクトでシンプルなデザインでお手頃価格のゴミ箱なので、ゴミの量が多くない少人数のご家庭にオススメです。

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B071D4KYD5

4-6. 密閉プッシュペール

引用:Amazon

  • 価格:1,258円
  • 容量:20L
  • サイズ:約幅23×奥行き31.5×高さ42cm
  • 素材:ポリプロピレン
  • 密閉性が高いダブルパッキン/ポリ袋止め付き/簡単ワンプッシュオープン

フタと本体の両方にパッキンが付いているため密閉性が高く臭い漏れをしっかり防いでくれます。ワンプッシュオープンで開けやすい。

防臭機能が高くお手頃価格なので、デザインにこだわりがなく機能性を重視したい人にオススメです。

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B005J0WQIU

4-7. 防臭ペダルペール

引用:Amazon

  • 価格:2,020円
  • 容量:15L
  • サイズ:約幅24×奥行き35×高さ40cm
  • 素材:ポリプロピレン
  • 抗菌仕様のゴミ箱/臭い漏れを防ぐパッキン付き/お手入れに便利な中バケツ付き(抗菌仕様)/足元ペダルで開け閉め楽々

抗菌加工とパッキンで臭い漏れを防いでくれる防臭ゴミ箱。抗菌仕様の中バケツ付きなのでお手入れがしやすい。

シンプルでコンパクトなゴミ箱なので、ゴミの量が少ないご家庭やサブのゴミ箱として使用したい人にオススメです。

商品購入はこちら → https://www.amazon.co.jp/dp/B01MTUR8N8

5. さいごに

このページでは、今すぐできるゴミ箱の臭い対策やオススメの防臭・消臭グッズなどをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ゴミ箱のニオイ対策は、「生ゴミに重曹を振りかけてビニール袋で密閉し、こまめに捨てる。」これが最もお金がかからず効果的です。

どうしてもできない場合は、下記のような便利グッズで対策をしましょう。

  • 防臭袋」・・・家事の手間を増やしたくない人におすすめ
  • 怪力くん」・・・ゴミ箱のフタに貼る消臭剤がおすすめ

防臭・消臭グッズを上手く活用することで、ゴミ箱の嫌なニオイを楽に撃退して、快適な生活空間を取り戻しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket